大阪の税理士 東京の会計事務 税理士法人キャスダックからのごあいさつ

歯科税理士 大阪/東京 財務コンサルティング 税理士法人キャスダック 経産省認定 経営革新等支援機関
大阪 大阪市北区曽根崎2丁目5-10 梅田パシフィックビル9階

東京 東京都台東区台東3丁目18-4 津田ビル3階                 
ご相談・お問い合わせはこちらから0120-969-819受付は平日9時から18時まで携帯、PHSからもご利用になれます
これから開業を検討している先生はこちら
歯科医院専門税理士
税理士法人キャスダック代表税理士山下剛史(やましたたけし)
ごあいさつ facebook
税理士.ch
メルマガ登録フォーム
開業歯科医院に奇跡を起こす 経営虎の巻
節税やファイナンシャルプランニングなど先生のお金を最大化するノウハウ、マーケティングやホームページの活用方法などの経営ノウハウを毎月お届けします。
(『まぐまぐ!』から発行)
メール登録フォーム
教材一覧

歯科医院を飛躍的に発展させるためのツールやセミナーをご紹介。
教材一覧 詳しくはこちら
コンサルティングだけお願いしたいという先生はこちら >>
企業情報
過去の講演 マスコミ出演履歴 講演のご依頼 詳しくはこちら
執筆・掲載書籍
2013年9月発売
『歯科医院にお金を残す節税の極意』
(クインテッセンス出版)
歯科医院にお金を残す節税の極意
2011年11月発売
『スタッフのヤル気が歯科医院を発展させる』
(クインテッセンス出版)
スタッフのヤル気が歯科医院を発展させる
2009年5月発売
『あなたの歯科医院を90日で成功させる』
(クインテッセンス出版)
あなたの歯科医院を90日で成功させる
2008年2月発売
『キャッシュ最大化計画』
(クインテッセンス出版)
キャッシュ最大化計画
2007年4月発売
『金持ち歯科医になる! 利益を出す経営の極意』
(クインテッセンス出版)
金持ち歯科医になる!利益を出す経営の極意
2005年1月号~2006年12月号にて執筆。
『歯科医院経営 』
(クインテッセンス出版)
2007年1月号にて執筆
『アポロニア21』
『経営コンサルタントの実力』
(日本歯科新聞社)
アポロニア21

2006年2月号にて執筆。
『新聞クイント』
(クインテッセンス出版)
セミナー情報
総合経営力セミナー
歯科医院経営を知り尽くした2人が贈る 総合経営力セミナー
キャッシュフロー実践会 2015年度生募集
限られた者だけが参加できる伝説の実践会!2018年度生の募集です。
10名限定一日集中型グループセミナー
歯科専門税理士山下剛史が贈る、医院のお金に関する悩みが“スッと”解決する!!一日集中型グループセミナーです。
対応可能エリア
大阪府、東京都、神奈川県、
千葉県、埼玉県、兵庫県、
京都府、奈良県、滋賀県、
和歌山県、愛知県
(その他の地域はお問い合わせください。)
会社紹介
大阪事務所
〒530-0057
大阪市北区曽根崎2丁目5-10
梅田パシフィックビル9階
東京事務所
〒110-0016
東京都台東区台東3丁目18-4
津田ビル3階
歯科医院の開業をサポート 歯科医院開業支援
医療法人の設立の手続きを完全サポート 医療法人設立.com

ごあいさつ

われわれの事務所が歯科以外のお客様をお断りしている理由

われされの事務所のお客様(クライアント)は、100%歯科医院です(2017年現在)。なぜ歯科医院以外のお客様をお断りしているかというと、私が求める税理士像は業界特化しかないと考えているからです。

大学時代、まわりの友人たちは「仕事の内容」ではなく「企業の名前」で就職活動していました。しかし、ひとつの会社に入ると、もし自分が他社の商品の方がよいと思っても、自分の会社の商品を売らなければなりません。それを一生続けるのはつらい。すべてのお客様に本当に喜んでもらえる仕事はないか、そのように考えていたときに、たまたま大学の生協で「税理士」の資格のパンフレットを手にしました。

「そうだ!
税理士になって税金を安くできれば、
すべてのお客様に喜んでもらえる。

そんな想いから税理士を取得し、晴れて大手の会計事務所に就職しました。
私の学生時代に思い描いていた税理士像は、税法の知識を駆使して戦い、企業の参謀役として活躍し、お客様に喜ばれまくるかっこいい正義のヒーローでした。
しかし、現実は違いました。

しっかりと税理士の仕事を理解していなかった私が悪いのですが、実は税理士という仕事は「税金を安くする」仕事ではなくて「税金を計算する」仕事だったのです。華やかな仕事とは裏腹に、仕事はとても地味。毎日、お客様からお預かりした請求書や領収書の束を1枚1枚めくって伝票を作り、毎月決まった税金の申告書を作成する。もちろん、非常に大切な仕事なのですが、私のイメージとはかけ離れていたのです。また「節税」でお客様に喜んでいただくことはできましたが、当時担当をしていた歯科医院は利益もあまり出ておらず、お金もほとんど残っていないので節税どころではありませんでした。

「何とかお客様に元気になってもらいたい。
もっと医院にお金が残るようなアドバイスをしたい。」

そんな想いを持って、ドラッカーや大前研一さん、その他有名なコンサルタントの本などをむさぼり読みました。しかし、結局お客様のところでお話しする内容は、
「院長、今月は売上が少なかったですね。もっと頑張りましょう」「最近接待交際費が増えてきているので、もうちょっと減らしていきあしょう。」このような抽象的で当たり障りのない提案しかできませんでした。

その時にたまたま読んだ本が、「ランチェスター経営」でした。ランチェスター経営とは、得意分野を絞り込んでニッチな市場で戦う、という経営戦略です。

「結局、喜ばれる提案ができていないのは
その業界のことを
熟知していないからではないか?」

牛丼専門店、カレー専門店みたいに、
これからは会計事務所にも専門特化の時代がやってくるのでは?」

代表税理士 山下剛史

そんな想いから、2004年に歯科専門の「デンタルクリニック会計事務所」として起業しました。
そして多様化するお客様のニーズに対応するため、2014年に法人化を行ない「税理士法人キャスダック」に改組いたしました。
キャスダックの名前の由来は、お客様の物心両面の幸せを追求する「キャッシュとウィッシュの最大化」の「cash wish saidaika」からきています。
「キャッシュ(お金)」と「ウィッシュ(願望)」を最大化できる院長のパートナーとして、共に成長していきたいと思います。